GIC
文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

ごあいさつ

ようこそ!報徳食品支援センター
(フードバンク)のホームページへ


▲ この金次郎像は、小田原駅ビル新築に際して田嶋享理事長はじめ報徳実践会の方々が寄附を集めて寄贈されました。

 NPO法人報徳食品支援センターは、2019年12月に小田原で誕生したフードバンクです。
活動地域は、小田原市を中心とした南足柄市、足柄上郡、足柄下郡の2市8町です。フードバンクは、世の中でまだ食べるには問題は無いのに廃棄される運命だった食品を食品企業や消費者の方々から譲り受けて、生活が困難な状況にあって食物を必要とされる方達に無償でお渡しする活動をしています。

 2020年春には、コロナ禍により多くの方が突然仕事を失ない、収入が大幅に減って苦境に陥りました。特に箱根町、湯河原町などの観光地が壊滅状態になったために、パートで働く女性たちが大きな影響を受けました。私共は、小田原市、箱根町、開成町などの母子家庭の会と連携して定期的に食品支援を続けてます。その他、個別に支援を求めて来られる方にも随時食品をお渡ししています。また、地域の社会福祉協議会や市役所、町役場の福祉課とも協力して活動に必要とされる食品をお渡ししています。

 提供する食品は、関東各地の食品メーカー、流通業、フードバンクなどからいただくほか。地元の農産物や水産加工品もしばしばいただくようになりました。

 食品の支援を必要とされる方は、このHPの問い合わせのメールアドレスまたは電話番号でご連絡ください。

 食品を寄付しようという方も、同様にHPの問い合わせアドレスまたは電話でご連絡ください。皆様のご協力を得まして地域社会をより豊かにすることに貢献したいと願っております。

理事長 田嶋 享